12/31 現在のドロ沼状況 304,686円

【処分】マイクロドローンのリポバッテリーを分解してみた。

マイクロドローンのリポバッテリーが壊れた

マイクロドローンの飛行可能時間は3分前後。したがってバッテリーを頻繁に抜き差します。

また落下や衝突も日常茶飯事。

それゆえバッテリのコネクター部にも地味に負荷がかかります。

 

結果運悪く1本のリポバッテリーが逝ってしまいました・・・。

破損したリポバッテリー

Eachine US65に付属のリポバッテリー 250mah

 

カタオカ

操縦技術がショボいので

あちこちにぶつけまくってました・・・

 

ちなみに故障部分はコチラ。コネクター部が金属疲労を起こし、折れてしまったのです。

破損したコネクター部

電極が根本から折れてはんだ付け不可能

ドロ沼くん

ここまでいくとハンダ付けじゃ修理不可能ドロ・・・

マイクロドローン リポバッテリーの処分方法

リポバッテリーの正しい処分方法は、5%の食塩水に数日漬けること。

先日も異常に膨張していたリポバッテリーをこの方法で処分しました。

膨張したリポバッテリー

パンパンに膨れていたリポバッテリーを食塩水に漬けて処分した

 

カタオカ

ちなみに漬ける前にピンセットで穴を空けたら、ものすごい煙を噴いて焦りました・・・。

膨張リポバッテリーなめたらアカン!

 

マイクロドローンのリポバッテリーを分解してみた

ただ食塩水に漬けて捨てるだけじゃ面白くない。マイクロドローンの動力源であるこの小さいリポバッテリーが一体どんな構造をしているのか?

せっかくなので分解して構造を分析してみることにしました。(Eachine US65付属のリポバッテリを使用)

ドロ沼くん

危険を伴う作業なので良い子はマネしちゃだめドロよ~!

 

①食塩水を用意する

分解にあたり、突然煙が出たり炎上するリスクも想定して、5%の食塩水を準備しておきます。

リポバッテリーの分解作業準備

下に耐熱シリコンゴム作業マットを敷いて炎上に備える。

 

②ハサミで先端を切断する

次にコネクター部に近い箇所をハサミで素早く切り落とします。

断面図はこちら。白い膜が多重構造になっているようです。ミルフィールみたい。

リポバッテリの切断面図

ゴツい金属が入っているわけではなかった・・・・

カタオカ

硬い鉄心か何かが入っていると思っていたので、この構造は意外でした。

 

③外のアルミ箔をすべて剥がす

先端部を切り落としたら、その切り口を足がかりにリポバッテリーを被覆していたアルミ箔をすべて剥がします。

この時独特の鼻につく匂いが発生!

アルミ泊を全て剥ぎ取ったリポバッテリー

丸裸のリポバッテリー。どこか懐かしい匂いがする。

カタオカ

なんか嗅いだことあるなーと思ったら

昔駄菓子屋とかでよく売ってた「ポリバルーン」でした。

割れないシャボン玉的なやつ。懐かしい。

 

④食塩水にぶち込んでみた。

中身を切り開く前に、念の為用意しておいた5%食塩水に漬けてみました。

すると両端から謎の泡がポコポコ発生。

食塩水に漬けられ気泡を発するリポバッテリー

謎の気泡が無数に発生

 

謎の黒い物質を出しながら泡を吐き続ける裸のリポバッテリー。

気泡だらけのリポバッテリー

全体が謎気泡に覆われてしまった!

カタオカ

こ、これはもしや電気分解的なやつが起こっているのか?

昔化学の実験でやったことあるけど、こんな小さな物質でできちゃうなんて・・・!

 

⑤泡に火を近づけてみる

カタオカ

電気分解が起こっているなら、発生している泡はおそらく水素と酸素

ちょっと検証してみたいな・・・

 

万全の安全対策を期し、爪楊枝に火を灯し泡に近づけてみると・・・

謎気体に火を近づける

細心の注意を払って泡に火を近づける

「ポッ!ポッ!」

と化学実験で聞いたことがある小気味よい音が!

水素・酸素の可能性大です。

 

ドロ沼くん

爆発の危険があるので良い子は絶対マネしちゃだめドロ~!

 

⑥食塩水から引き上げ、キッチンペーパーで水分を拭き取る

しばらく放置していると謎の黒い物質がさらに増えていました。一体何なんだコレ!?

泡を吐き終えたリポバッテリー

泡を吐き終え落ち着いた様子。黒い何かが散乱。

 

泡の出が落ち着いたらリポバッテリーをサルベージ。キッチンペーパーで水分を拭き取ります。

キッチンペーパーで水分を拭き取られたリポバッテリー

まるで魚を調理している気分である

 

⑦リポバッテリーの中身を切り開いてみた

食塩水から引き上げたリポバッテリーを、巻物のごとく開きます。

巻物状のリポバッテリー

謎の黒物質が地味に飛散する・・・

 

すべて開いて並べてみたところ、リポバッテリーは

  • 白いビニール膜(中身は謎の黒物質
  • 銅箔(表面は謎の黒物質

の2つのパーツで構成されているようでした。

リポバッテリーを構成する2膜

いったいどんなメカニズムで電流が発生するのか正直不明

 

更にそれぞれの両端を確認するとコネクター部を発見!ここから2本のケーブルが出てマイクロドローンに接続されるわけです。

電極部分を拡大

製造工程を見てみたいものです。

 

リポバッテリー分解まとめ

今回リポバッテリーが壊れたことをきっかけに分解し、構造を確認してみました。

発見した2つの膜がどのようにして電気を貯蔵し放電するのか、正直メカニズムは分かりません。

が、小さい筐体でも電気分解を起こせるパワーを感じ取ることができました。

 

カタオカ

と、同時に取扱を誤ると大惨事になるリスクも実感。

特に膨張したリポバッテリーは即食塩水につけて処分しましょう。

 

今日の一句

”小型でも パンチが効いてる ミルフィーユ”

created by Rinker
アップドラフト
¥390 (2019/02/17 23:50:38時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です