マイクロドローンクイズ(β版)

【比較】ドローンFPV飛行に必要なアマチュア無線は試験と講習どちらが良いのか?

ドローンでFPVするためにはアマチュア無線4級が必要。

理由:5.8GHZという周波数はETCなどに使われている。重要度が高い。

周波数域表を使う。

Wifiだと映像が遅延するので、しっかりFPVするなら5.8ghzが良い。

なお全体工程はこちら。

 

 

アマチュア無線4級を取得するための2つの方法

国家試験・講習会のどちらかを選ぶ。

①国家試験を受ける

②無線講習会を受ける。

両者の比較表。(料金・必要時間・試験の開催頻度の切り口で)

image

 

国家試験のメリット

・安く受験できる

・うまくスケジューリングすれば3級も取得できる。モールス。

・試験は半日で終了する

 

国家試験のデメリット

・事前勉強が必要

・手続きが少し厄介

・落ちる可能性が一定数ある

 

講習会のメリット

・高い合格率。ほぼ合格。子供にいいかも。

・開催頻度が多い

 

講習会のデメリット

・高い

・講習内容がつまらない。

・2日間拘束される

 

 

まとめ

勉強時間が確保できる・安く取得したい →国家試験

できるだけ早く取得したい。子供に取らせたい →講習会

 

リンク

実際に受けてきました!

国家試験編:カタオカ

無線講習会:マエハラ・オオヒラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です