千葉台風被害をドローン災害地図づくり遠隔ボランティアで支援しよう

【実機レビュー】FATSHARK Attitude V5の使い方説明書(日本語)をゼロから作った。

前回 FATSHARK HDOの日本語マニュアルを作ったのですが、banggoodさんの依頼により新発売されたFATSHARK Attitude V5の説明書を作成しました!

レビュー品として提供するのでクソ詳しく書いて下さい・・・!

骨の髄まで解析してやるぜ!

結論から言っちゃうと

  • 価格が約3万円と抜群のコスパ!
  • 受信機がはじめからついてる!
  • アンテナ類も揃ってる!

V5は 入門機として最高にオススメできるFPVゴーグル。

実機を使いながら具体的に使い方を解説していきましょう。

FATSHARK Attitude V5 の操作ボタン

FATSHARK Attitude V5操作時に使うボタンは下記の4種類です。

  • DISPLAY-control(装着側から右)ボタン:輝度・コントラスト調整
  • DVR- control(装着側から左) :録画・プレイバック再生
  • チャンネル変更ダイヤル:周波数のch数を変更
  • バンド変更ボタン:周波数のバンドを変更。AV-in切替時も使う。

カタオカ

HDOと違いAttitude V5は各ボタンにラベル表記がありません。
なので分かりやすくするため
・DISPLAY-control⇒左ボタン
・DVR-control⇒右ボタン
と表記することにします。
装着した本人基準で左右を表現することにします。

DISPLAY-CONTROL(左) / DVR-CONTROL(右)ボタンは5方向に押せる

左右の各ボタンは 垂直方向だけでなく上下左右入力にも対応しています。

ただ左ボタンは垂直方向にも押せますが、機能割当はありません。

本記事では各ボタン入力について下記のように表記します。

  • 上:(↑)
  • 下:(↓)
  • 左:(←)
  • 右:(→)
  • 垂直:(⇓)

では具体的な使い方を解説します。

画面の明るさ・コントラストを調節する

左側ボタンを左右上下に動かせばすぐ変更可能

  • (↑)/(↓):Brightness・・・明るさ(0~20)
  • (←)/(→):Contrast・・・コントラスト(0~20)

0-20まで1刻みで調整できる。なお彩度は変更できない

FPV映像を録画(DVR)する

右ボタンを使用。

1.ゴーグル内側のスロットにマイクロSDカードを挿入。(32GBまで対応
2.(⇓)方向に1秒間長押しする
3.瞳孔間の赤色LEDが点灯

4.もう一度(⇓)方向に短く押す。
5.BEEP音が鳴り2秒後に赤色LED点滅し録画スタート
6.さらに(⇓)方向に短く押すとBEEP音が2回鳴り録画終了

録画映像に関する設定を行う(再生・削除など)

右側ボタンを使用。

1.(⇓)方向に1秒間長押しする
2. 瞳孔間の赤色LEDが点灯

3. さらに(⇓)方向に1秒間長押しすると3つのVideoメニューが表れる。

ちなみにV5は設定画面を外部モニター出力できない(HDOは可)
Videoメニュー解説
  • Playback:録画済動画を再生する。(Executeは実行という意味)
  • Format:録画データを全消去しmicroSDカードを初期状態にする
  • Record:自動録画スタートのON・OFF設定

(↑)/(↓):メニュー選択
(→):選択メニューに入る

詳細は下記の通り。

【Playback】録画動画をゴーグル上で再生する

Videoメニュー画面でPlaybackを選択。(→)で入る
(↑)/(↓):録画動画選択

(→)選択動画を再生。

動画再生中の操作
    • (↑):早送り。1 / 2 / 4 / 8 倍速に切り替えられる
    • (↓):巻き戻し。1 / 2 / 4 / 8 倍速に切り替えられる
    • (→):一時停止・再生
    • (←):Videoメニューに戻る

    image

    【Format】録画動画を消去する

    まず前提として個別に削除できないぽい。全消去の1択のみ。

    Videoメニュー画面でFormatを選択。(→)で入る
    Executeを選択し(→)に押すと全消去される。

    image

    カタオカ

    CancelとExecute、どちらが選択されているのか非常に分かりにくいので注意!

    私は間違えて全消去してしまいました・・・涙

    動画削除はよほどのことがない限り、ゴーグルではなくPC上でやったほうが安全と思います。

    【Record】電源入れたら録画自動スタートさせる

    Videoメニュー画面でRecordを選択。(→)で入る
    さらに3つのメニューが出現する。下記のどれかに合わせて(→)に押す。

    • default :標準設定。右ボタン(⇓)押して録画開始
    • auto start:電源入れると同時に録画スタート
    • auto start continuous:電源源入れると同時に録画スタート。もしメモリーカード満杯になったら上書き

    カタオカ

    緊張状態が高まっているレース時は録画を忘れがち。

    auto start で自動録画をONにしておくと撮り漏れが防げるのでオススメです。

    受信機を起動する

    FATSHARK Attitude V5ははじめから受信機がセットされています。

    ゴーグル下部のRXスイッチ0→1に切り替え。これで受信機に電源が入ります。

    受信機の有機ELモニターにサメちゃんが現れたらOK。

    けっこうカワイイぞ

    カタオカ

    このサメちゃん、けっこうポイント高い・・・!

    周波数を変更したい

    Attitude V5で受信できるバンド(Code)・チャンネルは下記表の通り。

    AV in は外部映像を入力する時に選択する

    下記写真のCH変更ダイヤルとバンド変更ボタンで受信周波数を選択します。

    この周波数の合わせ方がクセがあり難しかったので、下記チャート図にしてまとめてみました。

    クリックすると拡大します

    バンド・チャンネル選択後は電波強度が表示されますが、A・Bに対応したアンテナ位置は下記写真のとおりです。

    テレビ・PC画面→ゴーグルに出力する

    FATSHARK Attitude V5はHDMIポートを備えていません。

    従ってAVケーブル経由で映像を入力する必要があります。

    AVケーブルを挿入したら、受信機のバンド変更ボタンを長押し。

    次に短く押して「AV in」 に切換えることでAV入力が完了します。


    PCの場合AVケーブルに対応した端子がありませんが、 HDMI端子を備えたPCならHDMI to RCA変換コンバーターを使うことでAttitude V5に出力できる可能性があります。

    どうしてもシュミレーターの画面をゴーグル上で閲覧したい場合は試してみるといいでしょう。

    アンテナを交換する

    はじめからアンテナが付属しているAttitude V5ですが、もちろん別のアンテナに交換することもできます。

    個人的には赤色ミニアンテナ(RHCP)換装がオススメ!
    移動中アンテナをひっかけにくくなるし、室内飛行なら十分。
    なによりカラーリングがカッコイイ!(赤と緑は補色関係にありコントラストが際立つ)

    ニンジャ・タートルズのラファエロみたいでイイ!

    受信機を交換する

    はじめから受信機が同梱されているAttitude V5ですが、HDO同様外部受信機に交換することができます。

    カバーを外すと受信機が露出する

    ただし形状の観点からFATSHARK公式がアナウンスしてるのは Rapid Fireのみです。(True-Dは加工要)

    ↓交換手順の動画

    バッテリーを充電する

    FATSHARK Attitude V5のバッテリは中身を入れ替えるバッテリボックス形式HDOと同じです。

    fatshark-hdo-detail (28)

    このように18650型リチウムイオン電池を取り出し

    fatshark-hdo-detail (30)

    専用の充電機にて充電する必要があります。

    fatshark-hdo-detail (31)

    カタオカ

    したがってバッテリ・充電器は別途用意する必要があり面倒なのですが、レース時など長時間使う場面では内部交換式のほうが使い勝手が良いです。

    なお18650リチウムイオン電池は玉石混交で最悪爆発するものもあるので、信頼できるメーカー製のものを買いましょう。

    モバイルバッテリで駆動させる

    FATSHARK Attitude V5公式マニュアルには記載されていませんが、昇圧ケーブルを介してモバイルバッテリ駆動が可能です。

    fatshark-attitude-v5-connect-to-mobile-battery
    7~13Vで駆動する

    実際に試してみた様子がこちら。

    手持ちのバッテリが尽きた時の最終手段としても有効ですね◎

    また、顔の側面にバッテリーが来るのが気になる方にもこの運用は良さそうです。

    ↓L型端子 のコチラがおすすめ。9V・12Vどちらでも動くと思います

    受信映像→TV・外部モニタに出力する

    V5はAVケーブルを使い、受信映像をテレビや液晶モニターに出力することができます。

    ただしHDOと異なり、設定メニューメモリーカードに保存したDVR映像出力できません。

    AVケーブルを調達する。

    ケーブル長は取り回しの都合上2m以上あったほうが良い。

    created by Rinker
    ソニー(SONY)
    ¥1,170 (2019/10/16 21:29:13時点 Amazon調べ-詳細)

    AV端子にプラグを接続する

    奥まで挿し込むよりも少しスキマを空けたほうが接触いいみたい(JVC製AVケーブルの場合)

    TV・モニタ側の入力切替を行い映像表示

    ソフビ人形を写すと子供が喜びます笑

    曇り止めファンをまわす

    1. バッテリボックスから出ているFAN用プラグを挿入する
    2. FAN起動ボタンを押すとFANが回転
    3. 8~10分間後自動停止する

    気になる鼻のスキマを埋める(平たい顔族用)

    単眼式FPVゴーグルから移行した場合気になるのが鼻とゴーグル間のスキマ。HDO同様Attitude V5も鼻が高い欧米人に合わせているためかスキマが空きます。

    スキマ見せるためライトを顔面照射したら鼻毛まで写ってしまった

    けど大丈夫!

    光漏れゴムパッド
    肉厚フェイスパッド

    を実装すれば・・・・

    スキマは完全に埋まります!気になる方は買いましょう。わずか1,000円ちょっとで買えます。

    鼻毛には目をつむってください

    近眼・老眼用のレンズを入れる

    近眼・老眼な方は、専用の度入りレンズをハメることでだいぶ見やすくなりますよ◎

    素の状態でかけてみて、映像がボヤけるようなら買いましょう。プラスチックレンズなので安価です。

    2.0 / 4.0 / 6.0 の3種類がセットになっていますが、数字が小さいほど度が強いです(逆に考えがちなので注意!)

    【注意】直射日光下に放置してはダメ

    公式説明書の冒頭部分にデカデカと注意書きが書かれていたので念の為記載しておきます。

    image

    カタオカ

    直射日光下に放置すると、有機ELのカラーフィルターに穴が空いちゃうそうです。

    製品保証対象外のため屋外使用時には注意しましょう!

    ちなみに液晶モニタのHDOにも同様の注意書きが書かれていました。

    製品保証期間

    初期不良は7日まで。

    過酷すぎる使い方が原因ではない自然故障は2年間対応する。ただし送料はユーザー負担。

    カタオカ

    自力で中国深センのFATSHARK本社に送るのは難易度高いですね・・・。

    ちなみにEV200Dの説明書の場合、保証は販売元に聞いてくれと書かれていたのでFATSHARKの方がサポートの本気度が高いように感じました。

    参考FATSHARK公式の問い合わせページ

    FATSHARK Attitude V5 レビューまとめ

    以上Attitude V5を網羅的にレビューしましたが、エントリーモデルとはいえ十分な性能。受信機の使い方がちょっとクセがありますが、それを差し引いてもコストパフォーマンス抜群のゴーグルです。

    かわいいフォルムが随所に散見される

    あと個人的に推したいV5の魅力は「かわいらしさ」が随所に盛り込まれてこと。

    例えば・・・

    鬼が盾とこん棒を振り回してるみたいなV5ちゃん。プンプン!
    起動時に出現するサメちゃん
    サメちゃんアンテナ。よくみると接続金具が瞳になってます!
    黒緑色のモスラ幼虫(目と口が似てる)
    どうみてもザクのモノアイ(出典:バンダイのザクヘッド

    キャラを彷彿とさせる要素が5つも!
    持ってて非常に楽しい気持ちになるゴーグルです。多分製造元は意識してないと思うけど笑

    以上機能と仕様を事細かくレビューしましたが、価格・性能・愛くるしいデザインと初心者にとって(特に子供や女性)最適なゴーグルです。

    安い単眼ゴーグルを選ぶよりコチラのほうが中長期的には幸せになれるでしょう。

    Attitude V5の商品ページを見る

    今日の一句

    ”あちこちに キャラがいっぱい V5”

    【参考】Amazonなら最短翌日で届きます

    ちなみにAmazonでも取り扱いが開始されています。最短翌日には届くので急ぎ入手したい方にはオススメです。

    FATSHARK Attitude V5を最短納期で入手する

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です